職場での人間関係って大変!!

小さなコンプレックスと大きなコンプレックス。

小さいコンプレックスは毛深いことですね。これは脱毛に通えば何とかなるので近々サロンに通う予定です。コチラです→レーザー脱毛名古屋

カウンセリングの予約をしているので、まずどれくらいの期間でどれくらい綺麗になるかとか、金額を確認してから行きたいと思います。

もうひとつは、どうしようもないコンプレックスです。

わたしは長身の両親から生まれ、女性としてはかなり背が高い方…。
この身長が、昔からコンプレックスなのです。
背が高いということはあまりデメリットはない、むしろかっこよくていいじゃないと言われることが多いのですが、わたしにとってはとても苦痛です。
なにせ、背が高いだけでどこでも変に目立ってしまうのです。
引っ込み思案なわたしとしては、これはとても困ります。
学生時代には、背が高いというだけで運動はまるきりできないのに、体育の授業で球技などやった日にはやたらと重要な役を背負わされるし、背の順では後ろの方に回されて、視力が悪いため前で何が起こっているか全くわからないし…。
大人になってからも苦悩は続いています。
女性なら誰でも憧れてしまう可愛い系の服が似合わなかったり、ヒールを履くと彼氏より背が高くなってしまったり…。
これが原因でファッションはいつもマニッシュでメンズライクなものばかり。
身長が釣り合わないなんて、ものすごくくだらないことで彼氏と別れてしまったこともありました。
身長を生かしていっそモデルでも目指してみようと思い切れたらいいのですが、なかなかそうもいかない容姿なのがまた困りどころなんです。
でも、ない身長を伸ばすことはできるかもしれませんが、現にある身長を縮めることはできません。
仕方がないと諦めて、今はペタンコ靴ばかり選ぶようにしています。
また、背が高く見えるAラインを強調した服やストライプ柄の服を避け、ボーダーやウエストマークのしっかりしたものを着るようにも心がけています。
せめて周りの女性に埋没できるように友達も背が高めの子で固めたり、ヒールを履いてもらえるようにお願いしてみたり、いろいろと努力は続けています。

 

学校まで片道2時間は本当に大変

私は学生時代に都内の専門学校まで片道2時間かけて通っていました。
高校は自宅から自転車で15分だったので、初めは電車通学が非常に新鮮でしたが、大変な事もたくさんありました。
一番大変だったのは、学校帰りに電車が動いておらず、帰宅まで5時間かかった時です。
出欠に厳しい学校だったので、次の日の授業も出なくてはいけないですし、1限から授業があるので、朝5時台に起きなくてはいけませんでした。
しかも宿題もやらなくてはいけなかったので、結局寝たのが夜中の2時過ぎになり、非常につらい思いをしました。
あたりまえですが、いつもどんな時でもキッチリと電車が動いている訳ではないので、進学先を選ぶ時には無理のない通学時間の学校を選ぶことをお勧めします。
もし毎日の通学時間の往復4時間が自由な時間だったら、バイトも、睡眠も、デートもできるので、有意義な学生生活を送るには、通学時間が長いのはもったいないと私は思います。

学生生活と社会人生活の違い

学生の頃は友人関係で常に悩んでいました。小さいころから人付き合いというのがあまり得意でなく、小さいころからの悩みであったんですよね。実は。
というのも、学生生活なんてそれくらいしかなかったからですからね。学生といっても大して勉強なんてしないのが当たり前な感じでしたから。
学校に行くと、友人がいなければ退屈。
仲良くしたいという気持ちは人一倍ありました。
でも、それが空回りに終わることの方が多く・・・
いつも誰かに気を使いながら話をしていたのを覚えています。気を使って話すから、話すだけでも疲れるんですよね。気疲れってやつですかね。

1番困ったのは、誰かがその場にいない友人のグチを言っている時。
合せてしまうと後々面倒なことになり兼ねない。
かといって、否定してしまうとその人を傷つけてしまう。
曖昧な返事しかしないと「つまらない」と言われてしまったこともあります。
どうするのが正解なのかさっぱりわからないまま学生生活が続いていきましたね。

こんな風にちゃんとした親友と呼べるような人はいないまま過ごしていたのですが、やはり一人は寂しいので友人と遊びたくて、自分がお金がなくても借金してでもお金を作って、カラオケや飲み会に行っていましたね。俗にいう学生ローンってやつです。最初にローンを利用するときは怖かったですが、それよりも友人がいなくなるほうが怖かったですね。こういうみんなが遊んでいるときに自分だけが断っていると、後々誘われなくなったりするから、無理してでも行くしかないんですよね。

僕ってこの当時から、友人のほうでも目立ったほうでもないですし、別に面白い人間でもないので、付き合いだけはよくしたいという頭があったのです。

まあ、こんな風に無難に付き合っているだけなので、社会人となってからはみんなと付き合わなくなりましたね。それはそれでちょっと寂しいという気持ちもありますけど、そういうものなのかなって思います。今から当時の友人たちと会うことがあっても、何を話していいのかわからずに困りますから。同窓会とかもあと何年かすればあるかもしれないですが、たぶん欠席するだろうなって思います。

社会人にまでなれば、職場には仕事をしに行っているのでマイペースでもさほど問題はなくなり一安心です。仕事さえちゃんとやっておけば文句も言う人もいない職場なので助かっていますね。時々職場のみんなで飲みに行くぐらいなので、そんなに気を使うこともなく楽な感じで生活できているのがありがたいです。

そういや、学生時代に作った学生ローンが結構な金額になってしまっていて、社会人1年目は返済が大変でしたね。1年目ですべて返済し終えたのであとは楽でした。

今の悩みといえば、彼女ができないということです。人付き合いが苦手なのは変わっていないので、女性ともうまく接することが出来ないので、なかなか彼女というものができないのです。何回か会って話せば気を遣わずに話せるようになると思うのですが、最初の時点であまりいい印象を持ってもらうことが出来ないので、何回か会うというところまでいかないのが現実です。

そろそろ結婚相談所で探そうかなとも思っています。これからの人生1人で生活していくのはそれはそれでさみしいですから。学生時代のように気を遣う友人ではなく、気を遣わなくて済む奥さんが欲しいなー

腹が立った!!

先日職場でちょっとした事件が・・・。

一人の先輩従業員が「財布が無い」って言い出したんです。

更衣室のロッカーに置いていたはずなのに、無くなっていると。

そこから犯人探しの始まりです。

みんな持ち物を確認させられて。。。

結局誰も持っていなかったんですが、というか盗る訳ないですよね。

何でハナッから犯人扱いされているのか!!

結果的に、持ち主の車の中から財布が出てきて。はぁ??って感じですよね。

散々疑われた挙句、「すいません、ありました」の言葉で終らされましたよ。

さすがに殴ってやろうかと思いましたね!!

中間管理職

中間管理職という言葉がありますが、三十才も半ばで仕事をしていると、したと上に挟まれてしまうポジジョンになります。

まして、仕事を下に引き継ぐときには、当然のように自分が教わった時のように仕事を引き継いでいくわけですが、後輩たちには、そのノリは通用しないように思います。

きつく言うつもりはなく話をしていても、きつく捕らえられてしまうので、何やら不服となってしまいますし、自分より知識が上回っている場合などは、教えているのに、教えられてしまう場合は、なかなか立場的に難しいです。教わることは問題がないのですが、そんなところを上司に見られているのはいい気分ではないのです。

先輩たちからは、引き継いだ分新しい仕事を教えていただけるようになるのですが、分かっていると思って話されることが多いので、それがとても難しいのです。もう一度聞きたいのですが、なかなか効きにくい状況にあったりします。

分からないまま仕事をするわけにはいかないので、何とか効かないとと思うのですが、簡単に知っているかのような説明をして来るので困ってしまいます。   そんな間に挟まれている状態は、とても難しいもので、どこにこのストレスを持って行っていいものか大変悩んでしまいます。

上司から後輩に、直接説明してくれたら助かるのになと思います。

人事配属に一方的に決定されるのは間違い

悪い時と良い時、悪い関係と良い関係の差が激しいと思います。

上司と部下の関係、同僚との関係、先輩と後輩の関係、いたるところで、ぶっちゃけ会社なんてどうでもよいような纏まりに思えてきます。

結局は、その場その場での人間関係に過ぎず、たとえ何らかの花形部署になったりとかしてワーイと思っても人間関係とは無関係です。

それはけっこう恐怖でもあり、花形部署になったにもかかわらず、他から余計な嫉妬があったら、居心地は悪くなってきます。

できれば社内での標的にならないような配属になるほうがよく、また自分の思いとは別の配属になったときにどう人間関係を作っていくかけっこう困ります。

大手企業の場合など、人事配属が一方的に決定されることがあり、自分がやりたくないこと、やりたくない分野の部署であってもやらねばなりません。

暗くて地味なイメージの部署になってしまった、やりたくないし妙に体裁の汚れた似つかわしくないレッテルを貼られてしまいそうなキャリアになってしまうのを恐れるが、いきなり転部を希望するのも非常な我侭にも思えてくるような状態。

たとえば、公共交通機関の分野と、ファッションの分野なら、そのイメージ、業界、印象が180度ガラッと変わってしまうところがあり、以降の職務経歴に大きな影響を与えてしまうのです。

裏表のある課長

私が採用された会社は営業部(男性のみ)、事務(女性のみ)、工事部(男性のみ)と3つに別れています。 私は事務をしていました。

その時事務で一緒だった課長が男性社員がいる時といない時だと人柄がまるで違うのです。 男性社員がいる時は「えぇ~!早く帰ってきてねぇ~♪」 とか凄く黄色い声を出します。

もう50歳くらいの女性です。見た目はキレイだけど小さくて可愛らしい感じなので男性社員はまんざらでも無さそう・・・。 他の女性社員は課長に逆らえないような感じでした。

自分でいうのも恥ずかしいのですが、私は新人で一番若く周りにはキレイと言われるのできっと気に入らなかったのかと思いますがイジメが酷かったです。

コーヒーを入れてきたら「味が薄い、味が濃い、普通の量入れたのにこんなにいらない、今日の「は」まぁまぁだね」

仕事を教えてもらいにいったら「今忙しいからあとで、私忙しいから○○さんに聞いて、掃除でもしておいて、ちゃんと定時に帰ってね」

仲良くしたかったので共通の話題をふってみても「ふ~ん、へぇ」で会話が続かない。

私は仕事面では真面目で前の会社でも高評価を頂いていたので仕事が出来ない事はないのですが、何故か評価されず仕事も教えて貰えずでした。

私が入る前は私の前に入った人が3ヶ月もたないで辞めたりした人が何人もいたみたいで、同年代の女性は誰一人いませんでしたし、皆地味でした。

男性社員達は見た限りだとワイワイ楽しそうに仕事をしていました。

男性の多い職場なので、女性同士でイジメ的な事はないと思っていたのですが50歳になっても「一番」を捨てれない課長がとてもやっかいでした。

社長もいい人だったので続けたかったのですが男性社員が営業や工事でいなくなり8時間勤務中7時間こんな状態が続き精神的に辛かったです。

一人に集中攻撃されて、回りの女性社員も課長に逆らえないので見方になってくれず・・・ 耐えられない・・・そんな人間関係でした。

仕事内容より重要な人間関係

私の職場は男女比は半々くらいだと思いますが、昔ほど新入社員を採用していないので、年齢層は高めだと思います。そんな状況でも、新人が着任しました。

やはり、ゆとり世代と言われるだけあってのんびり屋なので、周りの方々は、かなりイライラしてしまっています。私も、非常識過ぎて怒ったことがあります。

あとは、世代がバラバラなので、考え方に違いがでます。たとえば、飲み会です。若者世代は、予定が合えば行くけど、面倒くさいという感じです。しかし、年配の方になればなるほど、会社の飲み会は絶対参加という考えです。

仕事の上でも、人間関係が良好だとうまく行くことが多くあると思います。私も前の部署では、仕事は辛かったですが、人間関係が良かったので、このメンバーとなら頑張れると、自分を奮い立たすことができていました。

ただ、今の上司は自分が楽をすることしか考えていません。それが、見え見えなので、嫌気がさします。私がやった仕事を、あたかも自分がやったかのように、更に上の上司に報告したりしています。

人に仕事を頼むにしても、そういうやり方は、納得が行きません。なので、頼まれても断わるようになりました。これも、人間関係が良ければ、こんなことは起こらないと思います。

職場の人とうまく付き合うことは、良い仕事を生み出すのではないでしょうか。

職場での人間関係って大変!! © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.